ザ・チェインスモーカーズ、トランス・コミュニティへのサポートを表明

写真拡大

 ドナルド・トランプ米大統領が7月26日、心と体の性が一致しないトランスジェンダーの人たちが米軍で勤務することを「どのような職務であっても」禁止するとの考えを示したが、世間の反応は素早く、団結してトランス・コミュニティを支持するというメッセージが発信された。レディー・ガガなど数々の著名人たちも反対を表明する中、共和党内からも批判の声が上がり、米軍トップも正式な指示があるまで方針を変更しないと通達を出すなど混乱が続いている。

 ビルボード・プライドと性的少数者(LGBTQ)の権利擁護団体GLAADはイニシアチブを取り、多くのアーティストたちに全米や世界のトランス・コミュニティに向けたビデオ・メッセージの作成をお願いした。賛同者から提出された動画はまとめられ、1本の力強い共同声明としてリリースされた。

 ザ・チェインスモーカーズも参加し、「愛してます。支持してます。みんなが我々の自由の為に戦ってくれていることに感謝しています」とコメントしている。他にも顔を出して参加したシーアや、リタ・オラ、デュア・リパ、そしてマイケル・スタイプなど、多くのアーティストたちが”トランスジェンダーの権利は人権だ”という内容のメッセージを寄せている。