29日、新神戸オリエンタル劇場で活動を再開した桂ざこば

写真拡大

 塞栓性脳梗塞などで入院していた落語家の桂ざこば(69)が31日、大阪市内の病院を退院した。所属事務所によると、今後は通院しながらリハビリを続けていくという。

 普段通りの様子だったといい、病院関係者らに「今までありがとう。お世話になりました」と感謝の気持ちを伝えていたという。弟子らも駆けつけた。

 ざこばは5月27日に舞台「銀二貫」の稽古中に体調不良を訴え、病院に搬送された。その後、塞栓性脳梗塞などと診断され、同舞台を降板した。