BIGBANGのT.O.P、義務警察の身分はく奪…再服務審査で「不適合」との結論

写真拡大

兵役中に麻薬管理法違反の罪に問われ執行猶予付き判決を受けたBIGBANGのT.O.P(本名:チェ・スンヒョン) が義務警察の身分を剥奪された。

31日、聯合ニュースは「ソウル地方警察庁の受刑者再服務適不審査委員会はこの日、T.O.Pの義務警察再服務が可能かどうかを審査した結果、『不適合』と言う結論を下した」と報道した。

報道によると、警察は不適合判定によって陸軍本部にT.O.Pの服務転換を要請する見通しだ。要請が受け入れられるとT.O.Pは職権免職となり、義務警察の身分を剥奪される。

検察によると、T.O.Pは昨年10月9日と14日にソウル市内の自宅で歌手志願生ハン氏と4回にわたって大麻を吸引した疑いで起訴された。

BIGBANGのT.O.P、義務警察復職後に病気休暇を取得

BIGBANGのT.O.Pが裁判に出廷…判決は懲役10ヶ月・執行猶予2年「反省・初犯を考慮」