これを読んで“知性ある人”を目指そう! 「齋藤孝の 知の整理力」

写真拡大 (全3枚)

 “知性がある”と思われたい、そんな人におススメしたいのが、かんき出版(東京)が8月1日に全国の書店・オンライン書店など(一部除く)で発売する「齋藤孝の 知の整理力」(1,512円、税込み)だ。

 たとえ知識をたくさん持っていても、「知性的」であるとは限らない。膨大な知識を、つながりなく、バラバラに持っていたとしても、それは「知性ある人」とは言えず、ただの「雑学王」になってしまうだけだからだ。

 “知的な人”とは、知識の量の問題だけでなく、その知識を自分のものとして取り入れ、適切な場面で上手にアウトプットできる人のこと。そんな“知的な人”になれる方法を本書は伝えている。

 著者の齋藤孝さんは、教育学者であり現役の大学教授でありながら、多くの著書を持つ作家でもある。齋藤さんの考える知的な人とは、「問題解決能力」が高く、さらに「知識が豊富」な人。本書では、そんな知的な人に近づける“頭の整理法”を解説している。