スマホの充電ケーブルに最重要なのは“タフさ”でしょ!

写真拡大

スマホユーザーがほぼ毎日使っている充電ケーブル。毎日何度も使われる、多く人にとってなくてはならないアイテムです。だからこそ、不意のアクシデントや使い続けていても断線しにくい頑丈なつくりになっていれば安心ですよね。

オウルテックが8月中旬より発売開始予定の「超タフストロングケーブル」は、同社が販売している「ストロングケーブル」シリーズの中でも上位モデルになります。その名のとおり“超タフ”さが売りのケーブルです。

 

断線しやすいケーブルの付け根部分は、独自形状のロングブッシュ設計により断線しにくい構造に。ケーブルの内部は防弾チョッキなどに使用されているアラミド繊維を採用することで、引っ張り耐性も大幅に強化。さらにケーブルを覆う素材も柔らかさとしなやかさを兼ね備えた新型の強化メッシュを使っています。これら3つの改良により、5万回以上の折り曲げ試験に合格する「業界一超タフで断線に強いケーブル」を実現しています。

家庭用コンセントで使用するAC充電器にケーブルが付いたタイプと、急速充電+データ転送ケーブル単体の2種類があり、それぞれLightningコネクタ(Lightning/USB Type-A)、USB Type-Cコネクタ(USB Type-C/USB Type-A)、micro USBコネクタ(micro USB/USB Type-A)の3タイプ、合計6シリーズをラインナップ。

▲コンセント×micro USB 2m

▲コンセント×Lightning 1.5m

▲コンセント×USB Type-C 1.5m

▲USB×USB Type-C 30cm

▲USB×Lightning 1m

AC充電器タイプはケーブル長が1.5mと2.0mの2種類、USBタイプは0.3m・0.7m・1.0m・1.5m・2.0m・3.0mの6種類で、使用状況に応じた長さを選択できます。
価格はいずれもオープンで、予想実勢価格はAC充電器タイプが2678円〜4082円、USBケーブルタイプはLightningコネクタが2300円〜3542円、USB Type-Cコネクタは1922円〜2678円、micro USBコネクタは1166円〜1922円です。

>> オウルテック

 

(文/&GP編集部)