奇天烈な主人公を演じる (C)2016 AOO Distribution, LLC.
All rights Reserved

写真拡大

 ニコラス・ケイジが、たったひとりでオサマ・ビンラディン捕獲作戦を実行した実在のアメリカ人男性を演じた「Army of One(原題)」が、「オレの獲物はビンラディン」の邦題で12月に公開されることが決定した。

 映画は、2010年に米同時多発テロの首謀者とされるビンラディン誘拐を企て、パキスタン当局に拘束されたアメリカ人男性ゲイリー・フォークナーの実話を描く。米コロラド州の片田舎に暮らすフォークナーは、ビンラディンの居場所を突き止められないでいる政府に業を煮やしていた。ある日、人工透析中に「パキスタンに行ってビンラディンを捕まえろ!」という神の啓示を受けたと感じ、単身パキスタン入り。日本刀を片手に、アメリカを救うために奔走する。

 体重増加&白髪で役に挑んだケイジの脇を固めるのは、英コメディアンで俳優のラッセル・ブランド、「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」のウェンディ・マクレンドン=コービー、「スーパー!」のレイン・ウィルソンら個性派俳優陣。社会風刺コメディ「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」で知られるラリー・チャールズ監督がメガホンをとった。

 「オレの獲物はビンラディン」は、12月16日から東京・シネマート新宿ほか全国で順次公開。