セルジュ・オーリエ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドが、パリ・サンジェルマンのDFセルジュ・オーリエ獲得に迫っているようだ。仏メディアの報道として、英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 報道によると、オーリエはユナイテッドへ移籍することで合意に達している。ジョゼ・モウリーニョ監督は以前から右サイドバックのオプションを増やしたいと考えていたようで、取引が成立へ向かっている模様だ。

 ただし、この移籍にクリアにしなければいけない問題があるという。同選手は2016年9月に警官に対する暴行で逮捕された。その影響で同年11月に行われたアーセナル戦の際に、イギリス当局がビザ発給を拒否してアウェイゲームに帯同できていない。8月7日に予定されているヒアリングで旅行の制限が解除されているのかがカギになるとみられている。

 オーリエは2014年のワールドカップにコートジボワール代表として出場。日本戦で2アシストを記録していた。

text by 編集部