女性芸人のブルゾンちえみ(26)が31日、自身のブログを更新。7月8日に始まった舞台『子供の事情』を鑑賞したブルゾンちえみは「本当に、本当に、本当に、観れてよかった〜〜〜!!!!!」「シビレましたわ〜〜〜」と大興奮し、ゴレンジャーだと“グリーン”や“イエロー”のポジションに憧れていたことを明かした。

ブルゾンちえみ公式ブログより

 舞台『子供の事情』はチケット発売前から注目大。三谷幸喜(56)演出・脚本で、天海祐希(49)、伊藤蘭(62)、大泉洋(44)吉田羊などが出演している。

 舞台を鑑賞したというブルゾンちえみは、「『子供の事情』」と題してブログを更新すると、「『本当に、本当に、本当に、観れてよかった〜〜〜!!!!!』って観てる最中に何度も思いました。これを今観れてるありがたさに感動しててウルウルしてました(なんじゃそりゃ笑)」」と自身のネタに合わせた感想を綴り、「本当に、出演者の皆さん、ひとりひとりかっこよすぎて、そして、ストーリーも面白いし、テンポもかっこよくて、あー!今のフォーメーション好きだー!とか、シビレまくりでした〜〜歌も上手いし、もーーーーーーーなんでも出来るやん〜〜〜。これがプロです、"と、プロぶつけられる感じ?といいますか シビレましたわ〜〜〜」と興奮冷めやまぬ様子。

 また、「ひとりひとり、めちゃくちゃかっこよかったなあ、、、ひとりひとり、どういうキャラなのかを、あの短時間で観てる人に理解させてくれる、愛着を持たせてくれる、だから、その人ならではのやり方で笑わせてて1人でも抜けたらダメだ、と思わせててすごいなあ、、、」と、役者一人ひとりの演技への感想も綴っている。

 そして、「ちなみに、ゴレンジャーだったり、四天王だったり、そういう、ポジションや役割ある設定が大好きなんですが、ゴレンジャーでいうと『グリーン』や『イエロー』などのサブ的ポジションに凄く憧れが、昔からありまして、だから、この舞台でいうと、浅野和之さんのポジションが凄くかっこよかったです。あのポジションかっこいいなーって思います。」と、意外な一面も明かしている。大興奮中のブルゾンちえみは最後にも「本当にみててワクワクが止まらなかったし、わ〜〜〜〜!!!って目がキラキラしてたと思う!!!本当にみれてよかったあ〜〜〜。」と締めくくっている。