森川葵、竜星涼(C)河原和音/集英社(C)2017 映画「先生!」製作委員会

写真拡大

【竜星涼/モデルプレス=7月31日】俳優の生田斗真が主演を務め、女優の広瀬すずと初共演する映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』(10月28日公開)に出演する俳優の竜星涼。今回、同作より竜星の新場面カットが解禁となった。

【さらに写真を見る】竜星涼、見つめる先には“愛しい人”の姿…

◆人気コミック「先生!」映画化


同作は、累計発行部数570万部突破、1996年から2003年まで別冊マーガレット(集英社)で長期連載したコミック「先生!」(作・河原和音氏)を『陽だまりの彼女』『ホットロード』『僕は明日、昨日のきみとデートする』と立て続けにヒット作を手がける、三木孝浩氏が実写映画化。テーマは「教師と生徒の純愛」。大人と子ども、教師と生徒、本音と建前、様々な思いが交錯する中、不器用で純粋すぎる2人の“じれったい恋”が描かれる。

爽やかなルックスもさることながら、演技力にも定評があり、ドラマ・映画界で日々活躍の幅を広げている竜星が演じているのは、響(広瀬)の親友で、響が所属する南高弓道部の部長・川合浩介役。

これまで、映画『Bros.マックスマン』では正義のヒーロー役を、さらに“イケメン警察官”役を演じSNSでも大きな話題を集めた連続テレビ小説『ひよっこ』をはじめ、日曜劇場『小さな巨人』、映画『22年目の告白ー私が殺人犯ですー』でも、それぞれ警察官役を熱演。自分の信念を貫く正義感の強い、まっすぐで一生懸命な役どころを演じることが多い彼が、今度は美術教師の中島幸子(比嘉愛未)へ恋心を抱く切ない役柄に挑む。

◆どこまでもまっすぐなキャラクター演じる


先生に恋をする響のことを常に気にかけながらも、自身も美術教師の中島先生に恋心を抱く浩介は、響同様に、“大人と子ども”“教師と生徒”の間にある見えない壁で揺れながら、ストレートに気持ちをぶつける、どこまでもまっすぐなキャラクター。

ピュアな男子高校生らしい部分も持ちながらも、高校生とは思えぬスラッとした長身や時折見せる大人びた表情や切なげな瞳からは、子どもではなく、“一人の男”としての魅力も感じられ、女子にはたまらない役どころ。これほどまでに、どこまでも一生懸命で誠実な役どころがハマるのは、自身の内面にも重なる部分のある竜星だからこそなのかもしれない。

◆“タキシード姿”に“学生服姿”…ギャップ満載


今回公開された場面写真は、大人びた“タキシード姿”の文化祭シーンや、等身大の“学生服姿”の全3点。響や千草(森川葵)とじゃれあっている時に見せる笑顔と、自身の恋に一途に突き進む真剣な眼差しとのギャップ満載の胸キュンカット。

様々な<片思い>が連鎖する映画『先生! 、、、好きになってもいいですか?』。響の恋の行方はもちろん、竜星演じる浩介の恋愛模様にも注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】