女優の有村架純が30日自身のInstagramを更新。コートとマフラーを着用し、クリスマスツリーの前で撮られたショットが反響を呼んでいる。

季節外れのクリスマス。広告の撮影でね☺︎ラストカットは胸がきゅーでした。さ、帰りましょ。

A post shared by kasumi arimura 有村架純 (@kasumi_arimura.official) on

 有村がアップした写真には、ライトアップされキラキラと綺麗な現場の様子と、「Merry Christmas」の文字プレートが飾られたクリスマスツリーの前で撮られた有村の姿が写っている。とある広告の撮影現場のようだ。

 コートを着てマフラーまで巻いている有村の姿にファンからは、「お人形さんみたい」「激かわ」と、絶賛のコメントが届いた一方で、一番暑いこの季節に冬のシーンを撮影をしている事を知ったファンからは、「この時期にですか。めっちゃ暑そう」「暑い中、冬物コート…お疲れさまでした!」と有村を気遣う声も多く寄せられている。

 また有村は、「ラストカットは胸がきゅーでした。」と気になる発言を記しており、今回の撮影の詳細はまだ明かされていないが、「え、楽しみすぎる!」「なんだろう〜?楽しみにしてます」「どの広告なのかな?クリスマスが待ち遠しいです」と、どんなシーンを撮影したのか期待を膨らますファンからの声も届いている。