チャン・ヒョクからTWICEまで、KBS特別番組「親切の神」に出演…オリンピックを控え世界の親切アイディアをリサーチ

写真拡大

「2018 平昌(ピョンチャン) 冬季オリンピック」を控えて、KBSが韓国の親切さをチェックする。

本日(31日) KBSによると、KBS 1TVで特集3部作「親切の神」が放送される。「親切の神」は、韓国を代表するトップスターが韓国国内外の観光先進国を訪ねて行って、場所、人、認識に基づいて直接ツーリストになり、視聴者の代わりに親切の神々のノウハウと、全世界の多様なタイプの親切なアイディアを紹介する番組だ。

「親切の神」では親切な微笑、応対態度とともに、お客さんを配慮した親切なアイディアと観光システムまで探索して「韓国と外国の親切概念は、どのように違うのか?」「韓国だけの差別化された親切アイディアは何があるのか?」「再び訪れたくなる親切さは何か?」に対して、韓国の実情に合う親切サービスをツーリストの視線で体験して、再発見する予定だ。

2018年、平昌冬季オリンピックを控えている韓国の接客準備の状況を確認して、ベンチマークする海外の親切なアイディアとシステムなどを多様に紹介することによって、韓国が観光先進国にワンステップ跳躍できるきっかけを伝達する予定だ。

「親切の神」をツーリストの視線で探索する人々には、韓国を代表するスター軍団が乗り出す。韓流スターである俳優チャン・ヒョクから、人気K-POPアイドルの主役であるGirl's Day、TWICE、AOA、2AMのジヌンと海外出身タレントであるカナダ出身ギヨーム・パトリー、中国出身チャン・ウィアン、フランス出身ロビン・ディアナ、エジプト出身セミ・ラシャドがその主人公だ。

8月上旬に韓国で合計3部作で放送される「親切の神」は、アジア最高の観光大国である香港を初回に紹介し、2番目には最近観光市場に急浮上している台湾を通じて、海外の親切システムを探索する。そして3番目にはソウル、江原道(カンウォンド)、光州(クァンジュ)、大邱(テグ)、慶尚北道(キョンサンブクド) を訪れて、韓国観光の魅力と発展の可能性をツーリストの目線で再発見する予定だ。韓国で8月11日から3週にかけて、毎週金曜日午後7時35分に放送される。