イスラエル発「サボン」が引き締め効果があるボディスクラブの使い方を新提案

写真拡大

 イスラエル発のボディケアブランド「サボン(SABON)」が、本格的な夏に向けてボディスクラブの新しい使い方を提案している。塩パックによるデトックスとマッサージによるむくみ解消がもたらす肌の引き締め効果に着目し、程よく引き締まったボディラインの目指し方などを特設サイトで公開した。
 サボンでは、豊富なミネラルを含んだ死海の塩と植物性オイルで作られたボディスクラブ(税込5,500円)を全9種類ラインナップ。 死海の塩は、塩化ナトリウムの量が通常の海水の塩と比べて少ないため、 刺激が少なく美容に効果的とされている。サボンのボディスクラブはこれまで、香りの良さや使用することで古い角質を取り除き、滑らかな肌に仕上がることで知られてきたが、肌の引き締め効果もあることについては認知されていなかったという。
 特設サイトでは、ハリのあるヘルシーなボディラインに近づくためのケア方法を紹介。マッサージすることで血行が促進され老廃物が流されるほか、塩には新陳代謝を促す発汗作用や浸透圧を利用したデトックス効果があるため、蓄積した古い皮脂汚れなどを余分な水分とともに外に排出してボディを引き締めることが期待できる。