安倍総理は23日、「まずは自民党、政権与党として、第一党として責任感を持って、憲法の議論を深めていく。この夏におそらく皆が汗を流しながら、議論をして、絞っていくのだろう」と述べ、秋の臨時国会に自民党の改憲案を提出する方針に変わりがないことを強調した。

 しかし、石破茂氏は一連の会合を欠席するなど、自民党内には改憲について慎重な対応を求める意見も出ている。

 改憲について、AbemaTV『みのもんたのよるバズ!』に出演した民進党の渡辺周・衆議院議員は「今まで、立憲主義を理解していない安倍さんのもとでは憲法議論はすべきではないというような声もあった。ただ、もし秋の国会で安倍さんが議論しようと言うことになれば、我々もいつまでも子どもみたいなことは言っていられない」とコメント。

 また、安倍総理が9条に自衛隊を明記するとした点に関して渡辺氏は「戦争の放棄というのは当然だ。自衛隊は戦力ではないと誤魔化しながら今日まできている。我々が書くとしたら、あくまでも専守防衛に徹するとした上で自衛隊を位置づけることが必要だと思う」との考えを示し、「自衛隊を明記しない方がおかしい。(代表選に立候補するとみられている)前原誠司氏も明記すると言ってきた。憲法というのは、ある意味で権力の限界を定めるものなので、自衛隊にどこまでできて、どこからはできないのかを書かない方が不健全だと思う」と述べた。

 さらに、日本共産党との"野党共闘"についても言及、「日米安保破棄とか、天皇制は将来的になくすとか綱領に書いてある党と選挙協力することになったら、"なぜそれを容認できるのか"と我々が説明させられることになるが、彼らの考えとは真逆だ。一緒にできるのは、せいぜい国会対策での共闘くらいまでだ」と指摘した。

 民進党代表選の結果次第では、憲法改正だけでなく、野党共闘の枠組みに大きな影響が出ることは間違いなさそうだ。(AbemaTV/『みのもんたのよるバズ!』より)


▶次回『みのもんたのよるバズ!』は5日(土)20時〜生放送!