薬は何種類まで併用してよいのか

写真拡大

 病院で何種類もの薬を処方されても、「これも病気を治すためだ」と日々、忘れずに飲み続けている人は多い。だが、その努力は“逆効果”になってしまうかもしれない。オランダ・ラドバウド大のジェローン・フォックス教授が2016年、心房細動の薬を常用している患者約1万8000人を対象に行なった調査では、約76%が5剤以上の薬を服用していた。

 そのうえでフォックス教授が注目したのは「薬の処方数と健康の関係」だ。この調査では、心室細動の薬以外、服用している薬剤の種類が多いほど死亡率が増加し、薬を合計で6剤(6種類)以上服用している患者は、5剤以下の患者よりも、脳卒中または全身性塞栓症の発生率が高くなっていた。

 日本にも同様の報告がある。東京大学医学部付属病院の小島太郎医師らが1995〜2010年に65歳以上の高齢者2412人のデータを元に、投与薬剤数と有害事象(検査値の悪化など好ましくない症状のこと)の発生率の関係を調べたところ、「1〜3剤服用」における有害事象の発生率は6.5%だったが、「6〜7剤服用」では13.1%と倍増し、「10剤以上服用」では13.9%まで上昇した。

 たかせクリニック理事長の高瀬義昌医師は、「5剤か6剤か」の間に、患者の健康リスクを分けるボーダーラインがあると指摘する。

◆「薬」が「毒」になる

「東大病院が2012年に行なった別の調査では、高齢者が薬を1日5剤以上服用すると、ふらつきやめまいを起こし、転倒の発生頻度が増加しました。転倒が増える5剤、そして有害事象が増えるのが6剤であることを考慮すれば、薬の服用は1日5剤以下には抑えるべきです」

 なぜ、患者の状態を改善するはずの薬が逆にリスクを生むのか。まず指摘されるのは、「服用する薬の種類が増えれば、それだけ副作用のリスクも増える」という理由だ。

「高齢者は肝臓や腎臓の機能が衰えて薬が体内で代謝されにくく、血液中の薬物濃度が上がります。本来、高齢者の薬の量は成人の2分の1から3分の1に減らすべきですが、実際は若い人と同じ量が処方されている。そのため、副作用に悩まされるケースが見られます」(高瀬医師)

 続いての理由は、薬の「飲み合わせ」だ。複数の薬を服用すると、体内を循環する過程で薬同士が作用を打ち消し合い、薬効が抑えられてしまうことがある。あるいは逆に作用が重なって、過剰な副作用が生じることがある。

「こうした薬効の増強や減弱などは『薬の相互作用』と呼ばれます。当然、多くの薬を飲むほど相互作用が生じやすく、人体に悪影響をもたらすリスクが高まります」(高瀬医師)

 厚労省が2014年12月の診療データを集計したところ、75歳以上の患者の20.2%が10〜14種類の薬を服用しており、15種類以上という患者も何と7.1%いた。75歳以上のほぼ3割は、「薬」が「毒」に変わってしまっているリスクを抱えているといえる。

※週刊ポスト2017年8月11日号