真夏のメイク崩れ防止は肌のクールダウンにあり!美容部員の定番ケアを伝授します!!

写真拡大 (全2枚)

せっかくのメイクも、この暑さですぐにドロドロ...。そんな夏特有のメイク崩れには、「皮ふ温」が大きく関係しているって知っていましたか? そこで資生堂Webビューティーコンサルタントの西村美保さんに「メイク崩れ」の原因と対策を徹底解説してもらいました!

皮ふ温とメイク崩れの関係性とは

皮ふの温度を気にしたことってありますか? 夏場は汗や皮脂を気にする以前に、肌の温度こそ気にすべき要素なんです! そもそも皮ふ温は外気の温度の影響を受けて変化します。夏場は気温が高くなるため、皮ふ温も高まります。すると、汗や皮脂の量が多くなる、というのが肌のメカニズム。例えば皮ふ温が4℃上昇すると皮脂量はなんと2倍になることがわかっています(※)。これが、夏場のメイク崩れの最大の要因なんです。つまり、メイク崩れを防ぐためには、まずは高くなっている皮ふ温を下げることが重要となります。

皮ふ温を下げるには、収れん化粧水&パッティングが大切

皮ふ温を下げるには「収れん化粧水の使用」と「正しいパッティング」のふたつが有効です。

収れん化粧水とは?

収れん化粧水には、うるおい効果があるだけではなく、瞬時に肌を引きしめ、皮脂をコントロールし、きめを整えながら肌をひんやり気持ちよく整える特徴があります。また、中にはメントールやアルコールなどを配合し、収れん効果、冷却効果を高いレベルで発揮するアイテムも。「肌の温度を下げてクールダウンさせる」、これが普通の化粧水と収れん化粧水の大きな違いです。

正しいパッティングとは?

収れん化粧水をより効果的に肌に与え、皮ふ温を下げるには「パッティング」しながらつけることも大事なポイントです。正しくパッティングすると肌表面の熱が効果的に下がるので、テカリが気になる部分はとくに丁寧に。パッティングは、コットンを指に挟んで、下から上に風を送るようにしながら、リズミカルに行うのがコツ。肌がひんやりするまで続けると、その後のメイク崩れが減少しますよ。

またマル秘テクニックもご紹介! もし冷たさが物足りないときは、コットンを2枚重ねてパッティングしてみてください。すると、手の温度が伝わりにくいので、よりひんやりと感じられますよ。パッティングするときは、収れん化粧水をコットンが透けるくらいたっぷり含ませましょう。コットンが毛羽立ってきたら量を足してくださいね。

美容部員おすすめ収れん化粧水3選

リバイタル グラナス スプラッシュジェリー ミスト

ミストタイプの収れん化粧水です。冷却持続効果があるので、時間がたってもひんやり感が持続します。肌の引き締め、皮脂コントロール、保湿も叶えてくれるので、メイク直しの際に使用するのもおすすめです。

ひんやりキメも毛穴も引き締める
冷汗ジェリーミスト化粧水を見る

アクアレーベル ホワイトニングゼリーエッセンス (医薬部外品)

化粧水、乳液、収れん、美容液がひとつになったオールインワンタイプ。ひんやりゼリーで毛穴が目立つ肌を引き締め透明感を引き出します。朝晩これひとつで簡単ケアができちゃう優れもの!

1本4役で大人気!
ひんやりゼリーエッセンス♪

資生堂カーマインローション (N)

ロングセラー商品なので、子どものころに使ったことがある! という人もいるのでは? 粉末入りのおだやかな収れん化粧水が肌表面をさっぱり保ちます。普段のお手入れはもちろん、ほてった肌にも◎。価格は350円(税抜)とコスパもいいので、惜しみなく使えますよ。

惜しみなくパシャパシャ使える♪
収れん化粧水の元祖的コスパアイテム!

真夏のメイク崩れのお悩みは、「収れん化粧水&パッティング」のワザで解消しましょう!

(※)参照:Beauty Info

【関連記事】
・ 化粧崩れ絶対NGの美容部員が実践中!今すぐできる皮脂テカ防止のマル秘テク5つ
・ 夏の「メイク崩れる問題」はいつものテクにちょい足しで解決!

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。