ペン・シューアイが日比野菜緒を下してWTAツアー2勝目 [江西オープン]

写真拡大

「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・江西省南昌/7月24〜30日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第2シードのペン・シューアイ(中国)が日比野菜緒(LuLuLun)を6-3 6-2で下して優勝を飾った。試合時間は1時間27分。

 両者は今回が初対戦。2011年8月に世界ランク自己最高の14位をマークし、2014年の全米オープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)では4強入りを果たしているペンは、昨年10月の天津(WTAインターナショナル/ハードコート)以来となるWTAツアー2勝目を挙げた。

 今大会でのペンは、1回戦で奈良くるみ(安藤証券)を7-5 4-6 6-3で倒し、2回戦はテレザ・マルティンコバ(チェコ)が第2セット途中で棄権したため勝ち上がり、準々決勝でジュ・リン(中国)を7-6(2) 6-0で、準決勝ではハン・シンユン(中国)を6-0 6-3で破って決勝進出を決めていた。

 ダブルス決勝も行われ、ジアン・シンユー/タン・キアンホェイ(ともに中国)が第4シードのアラ・クドリャフツェワ(ロシア)/アリナ・ラディオノワ(オーストラリア)を6-3 6-2で下してタイトルを獲得した。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「江西オープン」(中国・南昌)の決勝で日比野菜緒を破り、WTAツアー2勝目を挙げたペン・シューアイ(インディアンウェルズの大会でのもの)
Photo:INDIAN WELLS, CA - MARCH 13: Shuai Peng of China reacts to a point in her win over Agnieska Radwanska of Poland during the BNP Paribas Open at Indian Wells Tennis Garden on March 13, 2017 in Indian Wells, California. (Photo by Harry How/Getty Images)