画像提供:マイナビニュース

写真拡大

BIGLOBEは7月31日、「有給休暇に関する意識調査」の結果を発表した。調査期間は7月18日〜19日、有効回答は20〜50代のスマートフォンを所有する社会人1,000人。

○同僚が有給休暇を取るとイライラする?

回答者のうち、「有給休暇を取得しづらい」と回答した人は497人。理由は何か尋ねたところ、1位「職場に休める空気がないから」(33.6%)、2位「自分が休むと同僚が多く働くことになるから」(22.9%)、3位「上司・同僚が有給休暇を取らないから」(22.3%)となった。

役職別にみると、一般職は「職場に休める空気がないから」が約3割半で最多、次いで「上司・同僚が有給休暇を取らないから」が約2割強と続いた。一方、管理職は「業務対応が発生するかもしれないから」が約3割で最も多く、同社は「仕事に対する責任感によって休むことが難しい状況であることが伺える」と分析している。

周囲の人が有給休暇を取ることに対しては、34.6%が「有給休暇を取れるならどんどん取ったほうがいい」と回答。2位は「自分も有給休暇を取りたい」が31.9%だった。

上司や部下、同僚が有給休暇を取る際にイライラするケースを聞くと、約半数の49.6%が「イライラすることはない」と答えた一方、「繁忙期に堂々と休む」が24.2%で2位に入った。

有給休暇に関して希望していることは、1位「有給休暇の買い取り」(45.3%)、2位「有給休暇取得率100%」(33.9%)。現在、「働き方改革」の一環として検討されている「有給休暇の日数増加」(20.8%)は3位だった。

自分が勤務する会社は、有給休暇を取りやすくするために工夫していることはあるか質問すると、「工夫がない」との回答が74.4%に上った。