鈴木奈々、上島竜兵とキス芸挑戦?「いい仕事できた」/鈴木奈々、上島竜兵(C)モデルプレス

写真拡大

【鈴木奈々/モデルプレス=7月31日】モデルでタレントの鈴木奈々が31日、都内で行われたイベントにお笑いトリオ・ダチョウ倶楽部とともに出席。上島竜兵とのキス芸に挑戦した。

【さらに写真を見る】鈴木奈々がダチョウ倶楽部・上島竜兵とキス!?イベントの様子をチェック

◆鈴木奈々、上島竜兵とのキスを約束


イベントでは鈴木とダチョウ倶楽部が、クレーンゲームでどちらが早く商品をゲットできるのかを対決。「大丈夫!負けない!」と自信たっぷりの鈴木は、敗北したら「ダチョウ倶楽部さんのケンカしてキスをやりますよ!キス芸を!」と上島とのキスを約束した。

対戦ではダチョウ倶楽部が見事な技をみせ、一発で商品を手に入れた。豪語した鈴木だったが商品を掴むことすらできず、泣きのもう1戦も行われたが、あっという間に大敗を喫した。喜ぶダチョウ倶楽部を横に「ねぇ、ちょっと待って。強すぎじゃない?ビックリした、パーフェクトじゃん!」と白旗だった。

◆キス芸に挑むも「旦那がいるので」ビンタをお見舞い


そして公約通り、上島が鈴木にケンカをふっかけキスをしようと迫ったが、直前になり鈴木は右手でビンタを炸裂させ、まさかの拒否。「ごめん、無理無理!できない、無理です。旦那がいるので」と叫ぶ鈴木に、懲りずに接近する上島。しかし、またもやビンタを1発お見舞いされていた。

その後の囲み取材でもキス芸の流れがあったが、“バチン!”という乾いた音とともに上島の頬を叩いた。あまりにも理想的なビンタ音だったのか、上島は「ナイスビンタ!いい音したよ」と親指を立て、鈴木も「いい仕事できた。大満足で帰れる」と大先輩に3回もビンタをして、上機嫌だった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】