故障で停止したライン川のロープウェー

写真拡大

 ドイツのケルンで30日、ライン川を渡るロープウェーが運行中に停止。午後3時半、32台のうちの1台が支柱に接触したのが原因で、AP通信などによれば、消防士たちがクレーンを使って高さ40メートルの位置に取り残された約100人を5時間以上かけて助け出した。幸い負傷者は一人もいなかった。

 ロープウェーは1台4人乗りで1957年に運行を開始。936メートル先の対岸まで6分で運行している。