「マンホール」JYJ ジェジュン×ユイ×チョン・ヘソン×B1A4 バロ、4人4色のキャラクターポスターに“関心集中”

写真拡大

暑さを一気に吹き飛ばす、どこに飛ぶか分からない超特急ランダムタイムトラベルが始まった。

韓国で8月9日初放送を控えたKBS 2TV新水木ドラマ「マンホール−不思議の国のピル」(演出:パク・マニョン、ユ・ヨンウン、脚本:イ・ジェゴン、制作:Celltrionエンターテインメント) 側は31日、JYJのジェジュン、元AFTERSCHOOLのユイ、チョン・ヘソン、B1A4のバロなど“クレイジーアベンジャーズ4”の格別な存在感のキャラクターポスターを公開した。

「マンホール」は“天に選ばれた”無職のポン・ピル(ジェジュン) が、偶然マンホールに落ちることから繰り広げられるバラエティ満載のタイムトラベルを描いた“ランダムタイムスリップ”コミカルアドベンチャー。“不思議の国のピル”というサブタイトルからも分かるように、普通ではないポン・ピルのハードキャリー(ハードキャリー…非常に困難な状況の中で勝利に導く) タイムトラベルが愉快な笑いを届ける予定だ。

ドラマでジェジュンは、変わった一面で特別な存在感を誇示する天に選ばれた無職のポン・ピルを演じる。どこにもあるマンホールで過去と現在を行き来する歴代クラスの“タイムトラベラー”だ。28年間片思い中の幼馴染、スジン(ユイ) が結婚するという話に落胆していたポン・ピルが謎の“マンホール”に落ちることで、荒唐無稽なタイムトラベルを始める。

公開されたポスターの中でジェジュンは唇を突き出した可愛らしい表情を見せている。「君が僕を置いて他のヤツと無事に結婚できると思う?」というキャッチコピーがこれからポン・ピルが繰り広げる荒唐無稽なタイムトラベルに対する好奇心を刺激する。

ポン・ピルが28年間片思いをするスジンを演じるユイは、清純でハツラツとしたルックスで見る人の視線を引き付ける。スジンは無造作に結んだ髪の毛も綺麗なオーラを放つ“この区域の町の女神”で、堂々として洗練されたビジュアルに意外にもヘタレな魅力まで持っている。

「私の結婚式に来てくれるよね? あなたは私にとって二人といない友達でしょう?」というキャッチコピーからポン・ピルとスジンの関係が伺える。ポン・ピルのタイムトラベルが二人の関係変に化をもたらすことはできるだろうか。

チョン・ヘソン演じるジンスクは“クレイジーアベンジャーズ4”最強のストレートな物言い、いわゆる“スクプライト(ジンスク+スプライト)”だ。友達の中でもっともしっかりしているが、クレイジーな一面は他の追従を許さない人物。チョン・ヘソンの可愛らしい笑顔とすぐにでもレイザービームが出そうな眼差しの上に「合コンに行くと大騒ぎ! お見合いすると大騒ぎ! 今度は、結婚すると大騒ぎなのか?」というキャッチフレーズは、ジンスクのストレートな魅力を表現し、期待を高めている。

ポン・ピルの親友で、可愛らしい宿敵チョ・ソクテ役を演じるバロのキャラクターポスターは真剣であるがゆえにもっと笑える圧倒的な魅力で、視線を引き付ける。学生時代からポン・ピルのそばを守ったソクテは優しくて小心者に見えるが、笑顔でしっかり裏切るキャラクター。「何があってもお前だけには僕が勝つ! お前さえダメになれば僕の人生は成功さ」という格別な覚悟が笑いを誘う。

「マンホール」は「結婚してください!?」「ぶどう畑のあの男」などを演出したパク・マニョンプロデューサーと「特殊事件専門担当班TEN」の脚本を手掛けた作家イ・ジェゴンがタッグを組んだ作品。「七日の王妃」の後番組として韓国で8月9日より放送が開始される。