鈴木奈々(左)にキスを迫るダチョウ倶楽部・上島竜兵

写真拡大

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」とタレントの鈴木奈々(29)が、日本アミューズメントマシン協会などが新設した「クレーンゲーム・オブ・ザ・イヤー2017」に輝き31日、都内で表彰された。

 ダチョウ倶楽部は、デビューした頃からやっているというクレーンゲームをネタにしたコント「ゲームセンターみたいな靴屋さん」の功績が認められて!?の受賞で、リーダーの肥後克広(54)は「30年以上やり続けて良かった。これでもう、後輩には毎年同じネタとは言わせない。救われた」と満面の笑み。一方の鈴木も、「旦那と一緒にゲームセンターデートで大興奮しています。クレーンゲームで愛が深まっています」とノロケ交じりに喜びを爆発させた。

 クレーンゲームが得意だと自任する両者は、実際に対決。鈴木は「私が負けたら、上島さんと口ゲンカの後のチューをやります」と、上島竜兵(56)のネタの餌食になると豪語したが、肥後があっさり一発で賞品をゲットしあえなく撃沈。「ちょっと待って。もう1回やりたい」と“泣きの1回”を頼み込み認められたが、今度は上島が1回で成功し退路が断たれた。

 「だから言ったじゃねえかよ」と文句を言いながらも喜色満面で迫る上島。唇が触れそうになる直前、鈴木は「やっぱ無理。私、旦那いるもん」と掌底のような強烈な一撃を上島に食らわせた。「上島さんは、すごく尊敬しているけれどごめんなさい。いつもは旦那に取ってもらっているんです」と告白して謝った鈴木に、上島は「ナイス・リアクション。もうリアクション芸人だよ」と寛容なところを見せていた。