画像:YouTube

今冬に英米濠で発売される『HomePod』の制御に使われるファームウェアから、iPhone 8を示唆するデータが見つかりました。

iPhone 8の前面デザインが判明

@stroughtonsmithがHomePodのファームウェアから発見した画像には、iPhone 8らしきもののアイコンが含まれていました。名前は「D22」とされています。

その形は噂されているiPhone 8のデザインによく似ています。

Appleが開発したソフトから見つかったことで、新型iPhoneのいずれかがこのデザインで発表される可能性が高まったと言えるでしょう。

顔認証・赤外線センサーに関する記述も

かねてからiPhone 8では顔認証への対応・赤外線を使った3Dセンサーの搭載が噂されていましたが、HomePodのファームウェアからもこれを裏付けるコードが発見されました。

この顔認証機能には「PearlID」という名前が付けられています。iPhone 8でもそのように呼ばれるのかは分かりません。ちなみに「Pearl」には「真珠」や「特に優れた人・物」という意味があります。

解析されることを見越して、Appleが偽のデータを埋め込んでおいた可能性も皆無ではありませんが、低いでしょう。となると、やはりiPhone 8には赤外線3Dセンサーを使った顔認証が搭載されると考えられます。

参考

@stroughtonsmith - Twitter