外国人医療観光客(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【仁川聯合ニュース】韓国の仁川市が外国人医療観光客の誘致活性化のため、空港からの交通手段と通訳を提供する「コンシェルジュサービス」を実施することが31日分かった。

 同市によると、外国人患者の誘致機関に登録された市内の医療機関48カ所のうち5カ所程度を選び、来月末からサービスを行う計画だ。
 事前に予約した外国人医療観光客が仁川空港に到着すると、出迎えや両替、携帯電話のローミング案内のほか、通訳コーディネーターが医療機関まで車両に同乗して医療観光の情報を提供する。
 仁川市は、今年1万4300人の外国人医療観光客を誘致する目標を立てた。
 同市の関係者は「市が医療観光客の移送と通訳などを担うことで、医療機関は患者の診療と管理に集中でき、業務の効率性が高まる」とし、「この事業が雇用創出にも貢献することを期待する」と述べた。
ynhrm@yna.co.kr