男性をゾッコンにする“デートの別れ際”4選 今日は帰さない!(Photo by bst2012)

写真拡大

恋愛コラム/モデルプレス】彼と楽しいデートをしていても、お泊りじゃない限り必ず帰らなければいけない時間はやってきます。そんな気分の落ち込む瞬間こそ、男性をキュンとさせるチャンス。そこで男性の気分を盛り上げる事が出来れば、次のデートのお誘いも期待が出来るはず。そこで今回は、男性をゾッコンにする別れ際をご紹介します。

【他の記事を見る】彼女にゾッコンの男性が取る行動

♥“袖クイ”する


手を握って彼を引き止めるのって、かなり勇気がいりますよね。

そんなときにオススメなのが“袖クイ”です。

彼の服の袖をクイッと軽く引っ張るだけですが、男性には効果てきめん。

そのいじらしい行為が、とても可愛らしく映るでしょう。

もし帰り道の途中で彼の袖を引っ張り「もっとゆっくり歩こう」なんて言われたら、どんな男性もキュンとするはず。

また“袖クイ”がハードル高いと感じるなら、彼が持っているバックやリュックを引っ張るのでもOK。

さり気ない“離れたくないアピール”で彼のハートを打ち抜いてしまいましょう。

♥「ちょっと遠回りしよう」と提案する


「もっとゆっくり歩こう」と同じく「ちょっと遠回りしよう」というのも効果的。

「ちょっと遠回りしよう」という言葉の前に“まだ帰りたくないから…”という意味が隠れているのに気付いた男性は、きっと喜びを隠せないでしょう。

また遠回りの内容もちょっと公園に立ち寄って会話するだけでも、強い印象を残せるはず。

「帰りたくない」とストレートに言うのではなく、少し遠回しに言うのがポイントと言えますね。

♥三回振り返る


彼があなたの帰りを見送ってくれているなら、名残惜しそうに途中で振り返ってみて下さい。

まずは別れてすぐに一度振り返って、手を振ってみましょう。

その後、少し離れた所でもう一回。

このように二回振り返るのは割とよくあると思いますが、ここではもう一度振り返って彼をゾッコンに。

三回も振り返られたらさすがの男性も「帰りたくなさそう…」と胸キュン必至のはず。

分かりやすい言葉や態度が苦手な人も、これならきっと出来るのではないでしょうか。

言葉や態度に名残惜しさが表れていないほど振り返りの印象は強くなるため、特に効果が期待出来ますよ。

♥顔が見えるうちにメールする


少し特殊なケースになりますが、ちょっと離れた場所からお見送りをしてくれるパターンに使えるのがメールを使った方法です。

例えば彼と反対側のホームの電車で帰らないと行けない時、声は届かないけど姿は見える状況でメールを送ってみましょう。

内容は「今日は楽しかった」「気をつけて帰ってね」など、簡単なもので構いません。

きっとそのメールを見た彼は、あなたがいる反対側のホームに走って行きたくなるような気持ちになるはず。

このテクニックのポイントは、まだ間に合いそうなタイミングだという点。

別れた後にメールをしてももう一度会える可能性はほぼゼロですが、目に見える状況であれば「もしかしたら…」なんて期待も。

本当に帰りたくないという気分の時に、使ってみてはいかがでしょうか?

別れ際は男性も寂しいもの。

そんな時だからこそ、女性のちょっとしたアクションで男性を胸キュンさせる事が出来るのです。

最も効果的なのは、まだ付き合うには至らない気になる彼とのデートの帰り際ではないでしょうか。

上手くいけば告白まで促す事も、出来るかもしれませんね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】