Appleが先日公開した、スマートスピーカーHomePod用のファームウェアから、iOSデベロッパーがiPhone8に使われる顔認識技術に関する情報を発見した、と報告しています。

HomePodファームウェアに他デバイスの情報が

先日Appleが、12月にアメリカなどで発売予定のHomePod用ファームウェアを公開しました。それによりHomePodがある種のiOSで動作すること、またファームウェアはiOS11.0.2 に対応することがわかっています。
 
ところが、あるiOSデベロッパーがさらに深くファームウェアを調べたところ、他のデバイスに関する情報も含まれていることが判明しました。

iPhone8は赤外線顔認証を採用か

なかでも重大ニュースといえるのが、Touch ID認証のフレームワークであるBiometricKitに、赤外線顔認証に関する情報がいくつも含まれていることを示す記述が、ファームウェア内で見つかったことです。これは今秋発売のiPhone8が、顔認証を使用するという意味ではないかと推測されています。ファームウェアの詳細を報告したiOSデベロッパーのスティーブン・ソーントン-スミス氏も、この記述を発見しています。
 
BiometricKit内には新しい「FaceDetect」というメソッドがあり、顔がカメラに近すぎる、あるいは遠すぎる、複数の顔があるといった状況が説明されています。
 

 
この他にもBiometricKitには赤外線についての記述があり、これまでにも浮上している顔認証に赤外線センサーを使用するという説の裏付けとなりそうです。
 

iPhone8のアイコンも発見

複数の記述からこの機能のコード名は「Pearl」であり、iPhone8のコード名は「D22」であると推測されています。
 
またiOS11.0.2 HomePodファームウェアには、「D22」(iPhone8と思われる)を表すアイコンも含まれており、中央上部がカットアウトされているところなど、これまでの噂そっくりのデザインとなっています。
 

 
 
Source:MacRumors
(lunatic)