吉沢亮

写真拡大

映画『銀魂』とdTVで配信中のオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』のWヒットを記念したイッキ見上映会が7月30日に新宿ピカデリーで開催され、映画とオリジナルドラマの両作品に出演している、真選組一番隊隊長・沖田総悟役を演じた吉沢亮と、オリジナルドラマで沖田総悟の姉・沖田ミツバ役を演じた北乃きいが登壇した。

[動画]橋本環奈は鼻ほじ、中村勘九郎は…。映画『銀魂』ぶっ飛びジャパンプレミア

この日は約550名のファンが会場を埋め尽くす中、司会から映画『銀魂』が興収20億円を超える大ヒットになっていることを聞かれた吉沢は「知人から『見たよ!』とか出演した際の周りの反響がスゴかったです。本当にいろんな人から連絡が来て、今までこんなに連絡が来たのは初めて。改めて『銀魂』はスゴイ作品なんだなと思いました」と回答。

一方、dTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』が配信3日間の視聴数でdTV歴代1位を記録したことについて、北乃は「本当にヒットにつながったのはみなさんのおかげです」と感謝の気持ちを口にすると、自身が出演していない映画『銀魂』の感想については「ブッ飛んでいて、パロディ感があって面白かったです!」と絶賛した。

また、先日行われた映画『銀魂』の舞台挨拶で、「坂田銀時を演じる小栗旬が出演者の誰かと入れ替わるなら誰がいいか?」という質問に対し、「吉沢さんと入れ替わりたい」と答えたことに関して聞かれた吉沢は「嬉しいですけど、僕と入れ替わっても良いことないですよ。僕は小栗さんと入れ替わりたいですね。カッコイイし、想像していた以上にマイルドな人で、父性を感じる。安心するし、銀さんと似てるなという雰囲気がある。勝手に後ろをついて行きたくなる感じですね」と回答。北乃も「小栗さんと会っていて、この人について行きたいなという感じがしました」と続け、2人とも小栗旬について行きたいという旨を語った。

その後は、会場の観客から募集した質問表が入ったボックスがステージ上に登場。吉沢がそこから引いたのは「銀時は甘党、ミツバは辛党ですが、2人は〇〇党と呼べるものはある?」という質問。これに吉沢は「ビール党です。寝る前によく1人でも飲みますし、この1年で飲んでない日はないくらい」と答え、「最近プリン体オフのものに変えました」と畳み掛けるように続けると、会場からは笑いが。一方、北乃は「私はミツバと同じで本当に辛党です」と答え、吉沢も「地方のイベントで北乃さんは激辛せんべいを食べて本当に平気だった。僕は食べていて本当に辛かったけど北乃さんは平気な顔していた」と振り返った。

そして最後に吉沢が紙を引くと、そこには質問ではなく「吉沢さんにドSな言葉を言ってほしい!」とのリクエストが記されていた。これに吉沢は、書いた人をステージ上にあげるというサプライズで対応、ファンからはどよめきが起こる。吉沢は「取材陣が来てるから使える言葉じゃないと……。うーん、何にも出て来ない!」とつぶやき周囲の笑いを誘いつつ、「しゅり」とリクエストを書いた人の名前を呼ぶも、照れてしまいやり直しに。その後、気を取り直して相手の目を見ながら「しゅり、映画もドラマも俺のために見とけよ!」と決め、会場からは拍手と歓声が沸き起こった!

ドSの言葉を言われたしゅりさんは「とても良かったです」と満足気。その様子を少し離れたところで見ていた北乃は照れながら「男の子って大変ですね」とひと言。さらに吉沢は「一気に体温が上がった(笑)」と照れながらコメントしていた。