(福岡ソフトバンクホークス株式会社)

写真拡大

 ペナントレースも夏場をむかえ、セ・パ両リーグの優勝争いもこれから本番となり、ファンの応援も俄然熱くなってきている。そんな中、応援が楽しくなるウェアラブル端末「funband」ホークスモデルが登場した。

 「funband」は、Bluetoothでスマートフォンと繋いで使用し、試合状況など最新のホークス情報、他球場の試合結果を随時確認でき、試合中は端末をつけた状態で腕を振ると、モーションセンサーが“応援アクション”として感知し、バイブレーターが振動したり、LEDが発光する。

(福岡ソフトバンクホークス株式会社)

 この“応援アクション”は「応援ポイント」として蓄積され、ユーザーによる選手の人気投票に使うこともできる。

 また本体ディスプレイに「funband」利用者全員の“応援アクション”が集計され数値化された「応援パワー」が表示され、球場にいなくても球場で応援しているかのような一体感を感じることができそうだ。

(福岡ソフトバンクホークス株式会社)

 この「funband」は5月にすでにカープモデルが1000台先行販売され、一週間足らずで完売、7月27日に本格的販売が決定した。他チームモデルも次々と出てくるかもしれない。

(編集・大道修)