『7月31日はなんの日?』ノー・ユース・フォー・ア・ネーム、トニー・スライの命日

写真拡大

7月31日はノー・ユース・フォー・ア・ネームのフロントマンとして活躍した、トニー・スライの5回目の命日。

 トニー・スライは1970年11月4日、アメリカ・カリフォルニア州生まれ。18歳のときにパンク・ロック・バンド、ノー・ユース・フォー・ア・ネームに加入して以降、フロントマンとしてバンドの人気を牽引した。

 1992年にNOFXのファット・マイクによる老舗パンクレーベル[Fat Wreck Chords]に移籍してからは、同レーベルを代表するバンドのひとつとしてティーンエイジャーを中心に絶大な支持を集め、日本でも90年代パンク・ロック/メロコア・ブームのなかで紹介されたことで高い人気を博したノー・ユース・フォー・ア・ネーム。西海岸パンク勢が一世を風靡した90年代以降もベテラン・パンク・バンドとして活動を続けたほか、2010年には2枚のソロ作品も発表、2012年6月にはラグワゴンのジョーイ・ケイプとのアコースティック『Acoustic Vol.2』をリリースするなど、精力的に活動を続けていたトニー・スライだが、2012年7月31日に41歳の若さで急逝。詳しい死因はいまだに明かされていないが、スライの死を受け、ノー・ユース・フォー・ア・ネームは解散を発表。多くのパンク・ロック・ファンにとってショッキングな出来事となった。