犬も雨に濡れたら風邪をひくか?

正確にいうと犬に「風邪」というものはないそうです。
しかし風邪のような症状はあります。どれも抵抗力が弱って菌やウイルスに感染して引き起こされる症状です。
以下のような症状が出たら、風邪のような状態ですので安静に様子を見てください。

嘔吐下痢食欲がないくしゃみや咳、鼻水

ところで、雨に濡れたら風邪(のようなもの)をひくか?
雨の中の散歩は犬にとっては、そうじゃなときよりも少々ハードな環境だそうです。飼い主にとってはかなりハードな環境ですが…。

身体が雨に濡れることによって体温が奪われる濡れた地面によって、肉球がふやけて傷つきやすくなる泥はねなどによって、汚れがつく

長時間雨に打たれることは、犬の体力を消耗しますので、いつもよりショートコースにして、かつ帰宅した後のケアを万全にすれば風邪の心配はないでしょう。

ただし、病中病後の犬や高齢の犬、まだ体力のあまりない子犬は、雨の中の散歩は体力を消耗しますので無理して連れて行く必要はありません。
雨が上がったら、思い切り歩かせてあげてください。

レインコートを着せましょう

雨に濡れることによって、体温が奪われてしまう恐れがあります。アンダーコートのある犬は寒さに強いですがシングルコートの犬は寒さに弱いため、雨に濡れないようレインコートを着せてあげるとよいでしょう。
また濡れたり泥がはねたりを考えると、お散歩後のケアが断然楽になりますので、やはり着せた方が良いと思います。

雨のお散歩は帰宅後のケアが大切

とにかくドライ

雨に濡れた足やお腹周りをキレイに汚れを落として乾かしてあげてください。
タオルドライだけだと生乾きで、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。悪臭や皮膚炎などの原因になりますので、ドライヤーで乾かすことをおすすめします。

肉球ケアは念入りに

肉球周辺は念入りにケアをしてあげましょう。
肉球と肉球の間は雑菌が増えやすい場所です。清潔に洗って、指を広げるような形で肉球と肉球の間をしっかり乾かしてあげましょう。生乾きだと「指間炎」になりやすくなってしまいます。
雨の中の散歩では肉球がデリケートになりますので、出来たら肉球クリームを塗り込んであげるとよいでしょう。

雨上がりのお散歩も同じく注意を

雨が上がっても、路面が濡れていたり水たまりがある場合は足が濡れて泥はねなどもありますから、雨の日のお散歩のように帰宅後のケアをしっかり行ってあげてくださいね。

まとめ

雨の日のお散歩は飼い主にとっては罰ゲームのような時もありますよね。2日も3日も雨の日が続くというのはあまりないので、そう無理して雨の日にお散歩に出かける必要はないのかもしれませんが、外でしかトイレができない犬だとそういうわけにはいきません。
雨だったらまだ良いのですが、嵐となると危険が伴います。また病気を患ってしまったときなどのためにも、家の中でもトイレが出来るようトレーニングをしておかなければいけませんね。