過去に“しくじった”ことのある先生たちが、同じ失敗をしてしまう人を増やさないよう授業を行う、大好評の反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。これまで伝説と評されるほどの“神授業”を多々行ってきたオリエンタルラジオ・中田敦彦先生が、番組史上初めて、視聴者を教室に招いての“一般開放授業”を開催する。

【共演者】ISSA(DA PUMP)、草野仁、黒瀬純(パンクブーブー)、真野恵里菜、箭内夢菜、遼河はるひ

過去、“マルクス”や“アインシュタイン”など偉人の生涯から、『銀河鉄道の夜』などの名作、さらには“キングペンギン”の動物しくじりまであざやかに読み解き、大反響を巻き起こしてきた、中田敦彦先生。そんな『中田塾』の授業をぜひ受講してみたいとの声も多く寄せられていた。 そこで番組では、視聴者から熱意ある塾生を募集し、選ばれた塾生たちがスタジオに集合。レギュラー出演陣の若林正恭(オードリー)、吉村崇(平成ノブシコブシ)をはじめとする生徒たちと共に、授業をおこなった。今回のテーマは日本の偉人に“初”注目。江戸時代の測量家・伊能忠敬のしくじりを分析した。

一般参加の塾生たちも大興奮!! またもや“神授業”が誕生!?

授業では、一般参加の塾生たちにも出演者と同じ番組オリジナル教科書が配られ、生徒たちは中田先生の講義を余すところなく楽しもうと、集中して受講。教室は今までにない熱気に包まれた。初の一般開放授業をやり切った中田先生は「実は今回、これまでにないぐらい緊張したんですよ!」と明かしながらも、「でも実際に教壇に立って授業してみたら、とても楽しかった! 先生も生徒も今までにない熱量で、すごくノッてる授業でした。“過去一”の授業になりましたので、ぜひご覧ください!」と、充実感あふれる笑顔で手ごたえを語った。この授業の模様は、8月6日(日)放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』にて放送となるので是非チエックしてみてはいかががだろうか。

【出演者コメント】

中田敦彦(オリエンタルラジオ)「実は今回、これまでにないぐらい緊張したんですよ! 一般参加の塾生さんを入れるというイレギュラーなことをやってみたものの、いったいどうなるのかなと…。期待ももちろんありましたが、自分でも引いてしまうぐらい緊張してしまって、本番前、いつもよりちょっと多めに練習しました(笑)。 でも、実際に教壇に立って授業してみたら、とても楽しかったです! 一般参加の方々も、とても“熱”を持って授業を受けてくれましたし、出演メンバーにもいっぱい助けてもらって、このフォーメーションなら今後、たとえ塾生の数が増えてもやっていけるなと感じました。伊能忠敬は50歳を過ぎてやりたいことをはじめたわけですが、今回の授業で改めて、“僕は今、やりたいことを、めちゃくちゃやれているんだな!”と実感しました。 とにかく今回の授業はとても興味深いですし、笑えます! 先生も生徒も今までにない熱量で、すごくノッてる授業でした。“過去一”の授業になりましたので、ぜひご覧ください!」

若林正恭(オードリー)「今回の授業は、まるで“あっちゃん(=中田敦彦)LIVE”でしたね! とても面白かったです! スタジオに充満する熱量は、ものスゴかったですね。やはり一般参加の方々が加わると、集中力が高まった感じがしました!  あっちゃんは毎回、わからない人の立場に立って授業してくれるので、知識がゼロでもすごくよくわかるんです。改めて、あっちゃんのプレゼン能力はスゴイなと思いました。 また、今回取り上げた偉人・伊能忠敬は50歳を過ぎてからやりたいことに挑戦した人物でしたが、授業中、“自分がやりたいことって何だったっけ?”と、心がゾワゾワしました。“自分がやりたいこと”すら忘れていたかもしれないなと思ったり、自分で自分の気持ちを把握するのは意外と難しいことなんだなとも実感しました。」

吉村崇(平成ノブシコブシ)「今までと違って一般の塾生さんが授業に参加するシステムだったのですが、何よりも今回の収穫は、あの草野仁さんが興奮していたことですね! だって、草野さんのイスがギュウギュウ動いていましたから(笑)! これはなかなかないことだと思いますので、本当に貴重だなと思いました。あと、あっちゃんが緊張していたのは、よくわかりました。楽屋から練習の声が聞こえてきましたから…! いろいろな意味で本当に貴重な回でした! 今回の生徒は、宝塚歌劇団出身の遼河はるひさん、歌手のISSAさん、パンクブーブーの黒瀬(純)さんなどライブで頑張っている人が多くて、すごくノッていてスタッフさんの笑いとはまた違う笑いがスタジオに生まれていました。あっちゃんの授業はもちろん、その布陣もとても面白かったです!」