セレッソを撃破!G大阪アデミウソン、相手DFをなぎ倒した「一人カウンター」を見よ

写真拡大

先週末に行われたJ1第19節の大一番、ガンバ大阪対セレッソ大阪戦。

市立吹田サッカースタジアムでの初の大阪ダービー、さらには両チームとも好調ということで大きな注目を集めた。

試合は3-1でホームのG大阪が最大のライバルを撃破したのだが、勝利を決定付ける追加点はアデミウソンの“一人カウンター”から生まれた(04:08から)。

2-1とリードし迎えた86分、前がかりになっていたC大阪からボールを奪ったG大阪。

GK東口順昭のパンチングがアデミウソンへと渡ると、そのまま一人でボールを運ぶ!あっという間に敵陣に踏み入れると、鋭い切り返しでマテイ・ヨニッチを振り切って見せた。

結局アデミウソンのシュートはGKキム・ジンヒョンに阻まれゴールにはならなかったものの、井手口陽介が再びボールを奪い、その流れから最後はアデミウソンがしっかりとゴールを決めたのだった。

アデミウソンの得点は第3節のFC東京戦以来およそ5ヶ月ぶりのこと。試合後、長沢駿も「アデミウソンが点を取れたことも大きかった」と振り返っている。

※カバー画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています