アーノルド・シュワルツェネッガーが70歳に(画像は『Sly Stallone 2017年7月29日付Instagram「Pre - HAPPY BIRTHDAY ARNOLD!!!!」』のスクリーンショット)

写真拡大

米ハリウッド俳優シルヴェスター・スタローン(71)はかつて「俺とシュワルツェネッガーは、お互いのことが大嫌いだった」告白、“一番のライバル”としてトップの座を競い合ったアーノルド・シュワルツェネッガーについて「アイツに負けるのがとにかく嫌だった」と明かした。しかし長い年月を経て、2人は誰よりも互いを理解しあう親友関係に。シュワの70歳誕生日を前に、スタローンはお祝いの言葉をインスタグラムに記した。

米時間30日に70歳の誕生日を迎えるアーノルド・シュワルツェネッガーのため、このほど“親友”シルヴェスター・スタローンがこちらの写真をインスタグラムにアップ、このように綴った。

「ちょっと早いけれど誕生日おめでとう、アーノルド!!!! 生きている限り、そして永遠に、君こそがビッグな男さ。君は(ハリウッドスターの)基準を高く設定した人物で、誰にもそれを越えることなどできないだろう。君こそアクションヒーローのレジェンドだ!」

だが若い頃はシュワが嫌いだったというスタローンは、過去にこう語ったことがある。

「俺とシュワルツェネッガーは、お互いのことが大嫌いだった。でも、良い意味でってことだよ。」
「たとえば、監督が撮影時間を延ばすって言うだろう。結果的に15時間も仕事をすることになる。それでもこう思うわけさ。『アイツの映画より良い作品になるなら、やってやる』ってね。」

ライバルであるシュワの存在があったからこそ、さらなる成功を目指し仕事に打ち込めたというスタローン。一方でシュワは映画『エクスペンダブルズ』での共演について、「スタローン本人に打診された」「ギャラもいらない、出るよと即答した」と述べ「今はお互いのことが大好きなんだ」とも明かしていた。

互いに70代になったシュワ&スタローン。しかしまだまだ現役のトップアクションスターとして、2人の活躍は続きそうだ。

画像は『Sly Stallone 2017年7月29日付Instagram「Pre - HAPPY BIRTHDAY ARNOLD!!!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)