最近、ケースメーカーのNodus、そしてAppleサプライチェーンの情報提供者と組んで、立て続けにiPhone8のレンダリング画像を公開している米メディアForbesが、iPhone8のカラーはブラック、ジェットブラック、ホワイトの3色に限定されるようだ、と報じています。

デザイン上の理由からベゼルが黒に?

Forbesが入手した情報によれば、今秋発売見込みのiPhone8は、ベゼルが非常に薄いだけでなく、上部がディスプレイ側に少し出ている(つまりディスプレイの上部中央が少しカットアウトされている)という、これまでとは異なるデザインのため、カラー展開が限定されるとのことです。
 
ベゼル部分がディスプレイと合わせ「黒」になるため、背面パネルの色もそれに合うようにモノクロとなり、ブラック、ジェットブラック、ホワイト(シルバーの可能性も)の3色展開になるようだ、とForbesは伝えています。
 
つまり現在iPhone7/7 Plusにあるゴールド、ローズゴールド、(Product)レッドはなくなる可能性がある、という訳です。先日マーティン・ハジェク氏が公開したiPhone8の新作レンダリング画像も、背面パネルは黒と白のみとなっていました。

レッドはのちに追加の可能性も

人気色であるゴールドとローズゴールドがなくなるというのは一部のユーザーにショックを与えそうですが、Forbesがレッドについては、黒いベゼルとの組み合わせを求める声が多かったことから、のちにリリースされるかも知れないと予測しています。
 
 
Source:Forbes
(lunatic)