来日する“タナーファミリー” (C)Netflix. All Rights Reserved.

写真拡大

 Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」シーズン3の第1〜9話が9月22日、第10〜18話が12月から全世界同時ストリーミングを開始する。今シーズンでは日本が舞台となるエピソードが含まれており、メインキャストが撮影のため8月に来日することが決定した。

 「フラーハウス」は、米ABCで1987〜95年に放送され、日本でも人気を博したテレビシリーズ「フルハウス」のその後を描いた物語。大人になった3姉妹の長女でシングルマザーのD.J.と、次女のステファニー、D.J.の親友キミーの女3人による子育て奮闘記が展開されている。

 今回は、D.J.役のキャンディス・キャメロン・ブレ、ステファニー役のジョディ・スウィーティン、キミー役のアンドレア・バーバーとD.J.の長男ジャクソン役のマイケル・キャンピオン、次男マックス役のエライアス・ハーガー、キミーの娘ラモーナ役のソニー・ブリンガス、キミーの元夫であるフェルナンド役のフアン・パブロ・ディ・パチェ、D.J.の元彼であるスティーブ役のスコット・ウェインガー、D.J.の彼氏であるマット役のジョン・ブラザートンの9人が来日を予定している。

 日本でのエピソードの詳細は明らかにされておらず、一家が日本にやってくる経緯や、繰り広げられるであろうアットホームなドラマに期待が高まる。

 Netflixオリジナルドラマ「フラーハウス」シーズン3第1〜9話は9月22日、第10〜18話は12月から全世界同時ストリーミング開始。