【詳細】他の写真はこちら

某目玉の親父風なデザイン?

スマホのUSBポートへ直接挿して使う外付けカメラにカワイイ新機種が登場しました。Androidスマホ対応で全天球動画が撮影できるコンパクトなビデオカメラ『720C100』です。サイズ約W41×H42×D41mm、重量36gとコンパクトで、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ブルーの3色。すでに国内でも販売が開始されています。価格は7980円(税別)。

縦方向360度+横方向360度の全天球撮影





『720C100』で撮影できるのは、本体に搭載した2つの魚眼レンズを利用した横方向360度と縦方向360度の“全天球動画”。専用アプリ「VPai」を利用し、ワンタップで撮影が行えます。動画の解像度は1920×960ドットもしくは、2048×1024ドット(どちらも25fps)の2モードから選択可能。また、400万画素相当の静止画の撮影も可能です。



撮影した全天球動画はパノラマ、アステロイド、クリスタルボールという3種類のプレビューモードで確認できます。アプリのタッチ機能を有効にすれば、映像を指で360度回転させて好きな角度で楽しむことも。全天球カメラらしくVRにも対応していますよ。



ちなみに撮影した動画や静止画はFacebookやTwitter、YouTube、その他のSNSサービスへと簡単に投稿できるほか、ライブ配信することも可能だそうです。

ご注意を。利用できるスマホはUSB OTG対応機のみ





スマホに接続するだけで気軽に全天球動画が撮影できる『720C100』。パッケージにはType-C USBコネクタとmicroUSBコネクタが同梱されており、さまざまなAndroidスマホで利用可能です。ただ、一つだけ気をつけたいのは、「USB OTG(USB On-The-Go)」に対応するAndroidスマホでなけれれば動作しないこと。『720C100』を購入する場合は事前に自分のスマホの仕様をチェックしておきましょう。

文/塚本直樹

関連サイト



インバースネット『720C100』製品情報ページ