夏といえば夏まつり。どうせなら大好きな彼と行きたいですよね♡
せっかく夏まつりデートするのだから彼をドキドキさせたい…。そんな女性必見、夏まつりデート大作戦!

夏まつりデート、期待してしまう?



出典:Shutterstock.com

夏まつりデートと言うと、人混み&時間は夕方から夜が基本。OKしてくれた時点で片思いの人は相手を気になっていたり、カップルはラブラブな時期なはず♡
まったく気になっていない相手や、マンネリ気味で会話のない相手とはわざわざ疲れる夏まつりには出掛けないものです。なので「手を繋げるかな」「キスできるかな」「今日でもっと仲よくなれるかな…」と、思わず期待してしまう男性が多いみたい♡これは女性も同じかもしれませんね!

彼をドキドキさせる方法とは?



出典:Shutterstock.com

■待ち合わせは早く行って彼をキョロキョロ探す

待ち合わせからデートは始まっています! 急ぐと変に汗をかいてメイクが崩れたりしますし、余裕をもって行くのがオススメ。待ち合わせ前に化粧室によって最終確認をするのも◎
「キョロキョロ自分のことを探してくれている姿」にキュンとくる男性は多いみたい。「見つけて嬉しそうにちょこちょこかけよってくる姿が可愛い」「目が合ったときの笑顔は反則」だそうなので、ぜひお試しください♡
普通のデートより夏まつりデートの方が特別な気がするのは、男性も同じなので余計気分が高まっているのかもしれませんね!

■普段とギャップがあるコーデとヘアスタイル

学校や職場など、いつも見慣れている感じとはガラッと雰囲気を変えること♡夕方からなら薄暗くなってくるので、少々普段とは違うテイストで恥ずかしくても大丈夫! ノースリーブやミニスカートで行っても暗くなってくると露出も目立ちません。
浴衣で行くときもヘアスタイルは普段とは違う感じにしましょう♡ダウンヘアが多い人は絶対にアップがおすすめです。
ポニーテールやサイドヘアでうなじを見せると「つい見てしまう」「色っぽくてキレイ」と好評ですよ! 横から見られることが多いということを意識してピアス・イヤリングも必ずオンしてみて♪

■「浴衣は着ない」と宣言しておいてサプライズで着ていく

夏まつり=浴衣を期待している男性も多いですよね。「着るのが大変だから」「暑いもん」「家にあったかな?」なんてごまかしておいて当日サプライズで着るのもアリ♡「浴衣じゃないと思って行ったら可愛くてビックリ」と見た瞬間にドキドキしてしまうようです。もちろんデートの約束時に「浴衣着ていくから楽しみにしてて」と言われてもテンションが上がるそうなので、お好みで使いわけてみてくださいね♡

■人混みで彼の服をつかむ

付き合う前も付き合った後も、これは男性人気抜群みたい。そのまま彼に手を繋いでもらえる可能性が高いんだとか♡「手をつなぐ勇気がなくて迷っているとき、服をつかまれたら自然と手をつなぎやすい」と男性は慎重な人もいるんですね! 人混みはデートにおいて悪いことばかりじゃないんです。ピッタリ隣にいられるのも夏まつりデートのいいところ♡

■食べ物は半分こ作戦

「半分こしよ?」女性のこの発言、可愛いらしいのです♡心を許してくれている、と感じる一言なのだとか!
食べ物の「あ〜ん」もしやすくなります。彼も「あれ食べたい!」と無邪気にはしゃぐ姿にドキッとしてしまうのかもしれません♡

■感想とお礼はすぐ送る

家に着いたら感想をLINEやメールで送りましょう。帰り道は「ドキドキしたなぁ」「楽しかったなぁ」と彼も1日を振り返って、あなたのことを考えてくれている時間。“すっごく楽しかった”と連絡がくるだけで「本当に楽しんでくれたか不安だったけどホッとする」「すぐだと相手も自分のこと考えていてくれている感じがする」そう。「手を繋いだ時本当はドキドキした」など「実は…」な内容を入れるのがポイントです。「今日はありがとう」の一言もお忘れなく♡


出典:Shutterstock.com

夏まつりデートは夏にしかできないスペシャルなデート。大好きな彼を誘ってぜひ出掛けてみてはいかがでしょうか? ドキドキ楽しい夏の思い出になりますように…♡