昭和の作詞家・阿久悠が遺した名曲が続々登場『あなたが聴きたい歌の4時間SP』

写真拡大

今年は昭和を代表する作詞家・阿久悠さんの生誕80年、作詞家デビュー50年、そして没後10年にあたる年。そして8月1日は命日でもある。そこで、7月31日(月)19時より放送される『あなたが聴きたい歌の4時間スペシャル』(TBS系列)では、阿久さんが遺したさまざまな名曲を特集する。

放送20回目を迎える今回も、司会は安住紳一郎TBSアナウンサー。石野真子、岩崎宏美、山本リンダ、和田アキ子をはじめ、阿久さんの曲を歌ったアーティストの面々が出演し、「次の世代の人々に、こんなにも素敵な歌詞を書いた作詞家が、昭和の時代に存在していたことを伝えたい……」をテーマに、「赤坂スペシャルホール」より名曲の数々を披露してもらう。

阿久さんが作り上げた、聴く者をぐいぐいと引き込む歌詞の世界、約3分間のドラマを、当時聴いていた人々だけでなく、今の若者たちも楽しんでみては。