バイク用品店『新潟中央部品(株)新潟店 (@ncb_niigata)』で起きた出来事が、多くの人を驚かせています。

ある日の朝のこと。店長が、バイクの点検や修理を行うピットの前でこんな光景を目にしました。

そこには干からびてしまったカエルが。暑い季節に見られる光景とはいえ、切なくなります。

しかし、死んでいるように見えたカエルが、ピクッと動いたそうです。

まだ、生きているかもしれない。

そう思った店長は、カエルに水をかけてみました。すると、驚くことが起こったのです!

まさかの復活!

干からびていた体に、ツヤが戻り、動き出しました!

カエルは水分の多くを、口からではなく皮膚から吸収するのだそうです。このカエルも、店長がかけた水を皮膚から吸収し、復活できたのかもしれません。

投稿を見た多くの人が驚き、コメントを寄せました。

すごい生命力。カエルは意外と乾燥に強いのかな。よみガエル。もしかしたら、恩返しにきてくれるかもしれませんね。カエルは大好きなので、復活してくれてとても嬉しいです。

瀕死の状態から、復活を遂げたカエル。生命の力強さに、驚かされるエピソードですね。

[文・構成/grape編集部]