映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後

写真拡大

薬丸岳の小説「友罪」が、監督・瀬々敬久、主演・生田斗真×瑛太で映画化。映画『友罪』として2018年5月より全国ロードショー。

薬丸岳の渾身作「友罪」

薬丸岳の作品は、実在の事件に着想を得て書いた作品も多く、犯罪被害者と加害者、また少年犯罪など、重厚なテーマを取扱いながらも、エンタメ性の高いミステリーで読者を魅了する。「友罪」で描かれるのは、かつて世間を震撼させた事件を起こした少年犯の“その後”だ。

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の2人は次第に打ち解ける。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める。

ともに心に闇を抱え、大きな罪に囚われ続けながらも、心を通じ合わせていく2人の友情。疑心や後悔に囚われた人間模様を、圧倒的にリアルな描写でスクリーンに投影する。

主演は生田斗真×瑛太、監督に瀬々敬久

監督をつとめるのは、『64−ロクヨン―前編/後編』での大ヒットも記憶に新しい瀬々敬久。その卓越した圧倒的人間描写は、国内外で高い評価を受ける。

そして、瀬々監督のもと、友を想い、互いに疑心や後悔と向き合い葛藤する難役に挑むのは、『彼らが本気で編むときは、』でも主演を務めた生田斗真と、『64−ロクヨン―前編/後編』『殿、利息でござる!』など話題作への出演が続く瑛太。実力派俳優としても名高い俳優2人のみせる“本気のぶつかり合い”は大きな見所となるだろう。

【詳細】
『友罪』
公開時期:2018年5月全国ロードショー
原作:「友罪」薬丸 岳(集英社文庫刊)
監督:瀬々敬久
出演:生田斗真 瑛太
配給・宣伝:ギャガ
©2017映画「友罪」製作委員会 ©薬丸岳/集英社


[写真付きで読む]映画『友罪』生田斗真×瑛太で薬丸岳の小説を映画化 - 凶悪事件を起こした少年犯のその後

外部サイト

  • 「第30回東京国際映画祭」六本木で開催 -『ゴジラ』のシネマ・コンサート&無料の野外シアター
  • 音楽家・坂本龍一のドキュメンタリー映画 - 5年に渡る密着取材とこれまでの音楽的探究を追う
  • 映画『ハイジ アルプスの物語』誰もが知る児童文学を21世紀版ハイジとして実写化