新曲が亡くなった兄への思いを乗せた楽曲であることを明かしたAnly (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 沖縄・伊江島出身のシンガー・ソングライターのAnlyが7月31日、東京・有楽町駅前広場で行われた『Sony Aquarium 2017』オープニングイベントに登場。8月9日リリースの新曲「北斗七星」が、自身が生まれる前に亡くなった兄への思いを乗せた楽曲であることを明かした。

【写真】有楽町駅前広場にてお披露目された水槽

 「毎年、誰のかわからない誕生日が開かれていた」ことを不思議に思っていたAnlyは、小学校5年生の時に母親から「実は、お兄ちゃんがいたんだよ」と打ち明けられたと回顧。「ずっと、私はひとりっ子だと思っていたので、兄弟がいたんだっていうことがうれしくて、その時から、どこにいても(兄が)見守っていてくれているんだと感じるようになりました」と天を仰いだ。

 いつか兄への思いを曲にしたいと思い続けて、高校生の時に作ったのが今回の楽曲。故郷・伊江島の満点の星空と亡き兄への思いが詰まったバラード調に仕上がっているが「やっと高校生になって、作ることができました。この曲を聞いた方々が大切な人を思い出したら、星を眺めるきっかけになってくれたらうれしいです」と言葉に力を込めていた。

 沖縄美ら海水族館監修のもとに行われる同イベントでは、ソニーストア銀座と有楽町駅前広場の2ヶ所に水槽を展示し、沖縄「美ら海」にちなんだ様々な企画が、きょう31日から8月13日まで行われる。