北朝鮮が28日に発射した大陸間弾道ミサイル「火星14」型(朝鮮中央通信)

写真拡大

北朝鮮外務省の報道官は30日、28日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の2回目の発射を強行したことについて、「自主的尊厳と威容を再度全世界に誇示した壮快な勝利となる」と主張する談話を発表した。30日、朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、「今回の試射を通じて任意の地域と場所で、任意の時刻に大陸間弾道ロケットを奇襲発射することのできる能力が誇示され、米本土全域がわれわれの射程圏内にあるということがはっきり実証された」と主張した。

また、発射の目的について「わが共和国に反対する制裁・圧迫騒動に狂奔しながらばかばかしいほらを吹く米国に厳重な警告を送るためである」と強調した。

さらに、「米国のせん越な戦争のほらや極端な制裁脅威は、われわれをいっそう覚醒、奮発させ、核兵器保有の名分だけを立てている」としながら、「国家防衛のための強力かつ威力ある戦争抑止力は必須不可欠の戦略的選択であり、何によっても逆戻りすることができず、何とも換えられない貴重な戦略資産である」と核・ミサイル開発を正当化した。

そのうえで、「もし、米国がいまだに正気に返れず、われわれに反対する軍事的冒険と『超強度制裁』策動に執着し続けるなら、われわれはすでに闡明した通りに断固たる正義の行動で対応するであろう」と警告した。