30日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で、NEWS・手越祐也が番組スタッフから、相次いで報じられたスキャンダルをツッコまれた。

ドラマ撮影のイモトアヤコの代わりに、手越が「珍獣ハンター」としてベトナムを訪れた。「てご散歩」と題して、カントー地区散歩していると、10万ドン(約500円)で撮影するという「アクロバット・カメラマン」に出会う。思い出作りで撮影を依頼すると、彼はアクションしながら撮るという不思議な方法でシャッターを切り出した。

面白くなった手越は、自分も撮りたいと名乗りを上げ、カメラマンと2人で地面を転がりながら撮影をする。楽しそうな手越の姿に「最近いろいろあって写真が嫌いになっていた手越」「撮るほうに回ればいきいき」という皮肉なナレーションが入る。

また手越は、苦手なカエルの手づかみにも挑戦。どうにも勇気がでない手越は怒りを勢いに変えるため、スタッフに罵るように依頼した。

スタッフから「こんなんもできないの?ダッセ!」「見た目だけかよ!お前」などと罵倒が飛ぶが、手越はまだ足りなかったのか「もっと来て」とリクエスト。すると、スタッフが「ちょいちょいちょいちょい、(週刊誌に)写真撮られてんじゃねーよ!」とストレートな一言。この発言を勢いに、手越は見事カエルを掴んで「ボケ!コラぁ!」と雄叫びをあげたのだった。

【関連記事】
NEWS・手越祐也が「イッテQ」の海外ロケで見た内村光良の弱点を暴露
手越祐也 ジャニーズの先輩に暴言を吐いたヤンチャ時代
NEWS・手越祐也が「チャラい」と言われることが大好きな理由