自動車所有率が高まっている中国。消費者にとっては、どのメーカーの自動車に乗っているかということはメンツに関わる非常に重要な要素だ。そのなかで、日系車は着実に販売台数を増やしているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で日系車が販売を伸ばしていることに触れつつ、「なぜ中国で日系車はこんなに人気があるのか」と問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 自動車所有率が高まっている中国。消費者にとっては、どのメーカーの自動車に乗っているかということはメンツに関わる非常に重要な要素だ。そのなかで、日系車は着実に販売台数を増やしているが、中国メディアの今日頭条はこのほど、中国で日系車が販売を伸ばしていることに触れつつ、「なぜ中国で日系車はこんなに人気があるのか」と問いかける記事を掲載した。
 
 中国人にとって自動車は決して小さな買い物ではないが、所有する車によって後から周囲に「盲目で無知で判断力がない」というレッテルを張られることになることは、メンツを重視する中国人にとっては耐えられないことだ。車自体にそこまでの知識やこだわりがない中国人にとって、日系車を買うと「非愛国的」、「国を裏切った」とみなされる可能性もある。
 
 それでも中国で日系車が販売を伸ばしているのは事実であり、一体何が中国人に日系車を購入させているのだろうか。記事は、世界の自動車大国である米国で日系車の安全性が高く評価されていることを伝え、米国で高く評価されていることが中国人に安心感をもたらしていると紹介。中国人は自分が購入する車が海外でどのような評価を受けているかということも気にしているようだ。
 
 また、自動車を所有するにあたって重要となるのはやはり「維持費」だが、日系車の燃費性能は多くの中国人にとって魅力であることを指摘。しかも、日系メーカーのディーラーはアフターサービスや保証の面で他国のメーカーに比べて信頼性が高く、安心して所有できる点も中国人が日系車を購入する理由とし挙げている。
 
 中国ではトヨタ車について「开不坏」であるとする声が存在する。これは中国語で「(どれだけ)乗っても壊れない」という意味であり、中国で品質の高さが高く評価されていることを意味する。日中関係が小康状態にあるなか、日系車の販売台数が伸びているということは、それだけ日系車が正当に評価され始めたことを意味するのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)