10月スタートドラマ『刑事ゆがみ』、浅野忠信と神木隆之介の凸凹バディが難事件を解決

写真拡大 (全2枚)

 10月スタートの木曜劇場がドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系列、毎週木曜22時〜)に決定した。

 同ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感強い真面目刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事もの。全ての人が信じている人、物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という2人がさまざまな事件を解決していく。

 『刑事ゆがみ』の原作者は、希代のストーリーテラーと評される井浦秀夫。原作は「ビッグコミックオリジナル」にて連載中だ。常識やレッテルに惑わされず、誰に何と反対されようと、現代社会に潜む犯罪者たちを絶対に見逃さない男・弓神を演じるのは、今作で民放連続ドラマ初主演を果たす浅野忠信。さらに、弓神とバディを組む優秀で規則を守る几帳面なタイプの若手刑事・羽生は、今作で初の刑事役に挑戦する神木隆之介が務める。

 浅野は出演が決まった際の感想について「ラッキー!と思いました!」と語っているほか、主人公・弓神をどのように演じていきたいかという質問については、「共演者に頼って演じていこうと思います!」と何とも”らしい”コメントを残している。一方の神木は「今回演じさせていただく羽生は、25歳という自分の年齢に近い男性なので、どんなふうに等身大で演じていけるか、今からとても楽しみです。」と意気込みを語っているほか、役の演じ方については「年齢とか関係なく、遠慮せず弓神に突っ込み、たまに突っ込まれるというおもしろい2人になればいいなと思います」とコメントしている。木曜劇場『刑事ゆがみ』はフジテレビ系列にて10月スタート。