【詳細】他の写真はこちら



前回までのお話。



妊娠31週目検診→子宮頸管長23mm。妊娠32週目検診→子宮頸管長17mm。しっかりと自宅安静出来ていたハズなのに、1週間で6mmも子宮頸管長が短くなっており即入院を覚悟しましたが、先生は長男のことも考えて下さり、いつでも入院できるような環境を整えつつ、1週間経過を見ることになりました。







※主人は夜勤なので、昼間長男をみることが出来ても、お迎え&長男と一緒に寝ることが出来ません。









入院の話は、3週間前から少しずつ長男に分かるように伝えていました。そして、長男は、前回産婦人科受診の際、主人から、「かいくんが一緒に来てくれたから、お母さんは大丈夫。」そう言い聞かされていました。だから、次回も自分が一緒に行くから大丈夫。ずっと一緒に寝る!…と、言いたかったのだと思います。拙いおしゃべりで、一生懸命伝えようとしている長男を見て、涙が溢れて止まらなくなりました。





これまで、まだ幼い長男の成長を1番近くで見守りたい気持ち一つでやってきましたが…守るべき存在の長男に、ずっと支えて貰っていたことに気づきました。どんな母親でも、子どもは好きでいてくれるんですね…。入院せずに済む方法はないだろうか?お腹の赤ちゃんと長男、両方守りたい。この時、はじめて2児の育児がすでに始まっていることを実感し、足掻けるだけ足掻いてみようと強く思いました。次回に続きます。