洪水によって孤立したインド西部グジャラート州の村で、屋上に避難した人々。インド国防省提供(2017年7月29日撮影、同30日公開)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インドでモンスーンに伴う豪雨による洪水の被害が広がり、西部グジャラート(Gujarat)州では地元当局者によると30日までに213人が死亡した。州内では現在も救助隊が捜索活動を続けている。

 グジャラート州での死者は26日時点では123人だったが、海抜の低い地域から水が引くにつれて遺体が新たに見つかり、急増した。

 当局によると死者はさらに増える見通し。遺体の身元確認や検視が追い付かず、最新の死者数の確認に手間取っているという。

 救助隊はこれまでに、海抜の低い危険な地域から13万人近くを安全な場所に避難させた。ヘリコプターや小型のボートも投入して、孤立した住民らの捜索を続けている。

 先週、グジャラート州の上空から被災地を視察したナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相は30日のラジオ番組で、洪水の被害を受けた地域にはあらゆる支援を行っていくと重ねて表明した。

 深刻な洪水被害は北東部のアッサム(Assam)州とアルナチャルプラデシュ(Arunachal Pradesh)州でも出ており、アッサム州ではこれまでに77人が死亡している。
【翻訳編集】AFPBB News