宿敵レアルが元バルサ久保の強奪を狙う? 「クボの成長を追っている」とスペイン紙

写真拡大

かつてバルサ下部組織に所属した久保に対してシティも興味

 FC東京U-18に所属するFW久保建英は今年Jリーグデビュー、そしてU-20ワールドカップに出場するなど順調に成長の跡を見せている。

 2年後、18歳になってからかつて下部組織に所属したバルセロナへの復帰も噂されるなか、なんと宿敵のレアル・マドリードが“強奪”を狙っているとスペイン紙「スポルト」が伝えている。

 レアルはここ近年、バルサの有望株入団を阻止するために10代の才能を先んじて獲得する方針を見せている。例えばブラジルの新たな至宝と期待を受ける17歳FWヴィニシウス・ジュニオールを約56億円で獲得(チーム加入は2018年1月より)。同紙はこの例を持ち出しつつ、久保への熱視線についてこう記している。

「移籍市場でバルサに対してダメージを浴びせたいと考えている。FIFA(国際サッカー連盟)の裁定によってラ・マシア(バルサの下部組織)を去らざるを得なくなった日本人、タケ(フサ)・クボの成長を彼らは追っている。そして獲得できる年齢を迎えた時、彼との契約を狙っている」

 下部組織の選手とはいえかつてバルサに所属した久保の強奪となれば、両クラブ間、そしてサポーターに大きな波紋を広げることは間違いない。

「タケはバルサへの気持ちが強い」と断言

 それでもバルサびいきの同紙はレアル以外にもマンチェスター・シティが興味を持っているとしつつ、バルサ優位は変わらないと断定している。

「エル・ブランコ(レアルの愛称)との契約の恐れはない。タケはバルサへの気持ちが強いからだ。もしもすべての状況が同じならば、ビッグクラブの中で最も人気のある選手の一人となり、バルサもタケが18歳になった時に契約レースのポールポジションにいる」

 リーガ二大巨頭が争奪戦の様相を呈している久保。今後も順調に成長していくごとに、スペイン現地での報道も過熱していくかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images