トランプ米大統領が「エイリアン」に、メキシコ市道路に風刺作品

写真拡大

[メキシコ市 28日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市のハイウエーに、トランプ米大統領をエイリアンとして風刺的に描いた巨大な作品が登場した。米国人アーティストミッチ・オコネル氏が作成したもので、「米国を再び偉大に」とのフレーズが書かれている。

作品の大きさは縦7メートル、横13メートル。作品の掲示は先週始まり、約1カ月間続くという。

シカゴを拠点とするオコネル氏はロイターに対し、当初は米国内でこの作品を掲げようと試みたが実現しなかったとコメント。「米国はこの皮肉交じりの作品を掲げることを恐れた」とし、「その後、トランプ氏が厳しい態度を示したメキシコ(に掲げること)を思いついた」と述べた。

オコネル氏は「この絵を描いたのは約2年前」だとし、それ以降「彼(トランプ大統領)はどんどん正気を失ったエイリアンのようにみえてきた」と語った。