ブリット・ロバートソン

写真拡大

実話をもとにしたNetflixオリジナルドラマ『Girlboss ガールボス』に主演したブリット・ロバートソンが、『グレイズ・アナトミー』(以下『グレアナ』)のクリエイターが製作する新作ドラマに出演することが分かった。

ブリットが出演するのは、通称"The Mother Court"と呼ばれるニューヨーク州連邦地裁を舞台にした『For the People(原題)』。米ABCの看板ドラマシリーズ『グレアナ』、『スキャンダル 託された秘密』などで知られる敏腕女性クリエイター、ションダ・ライムズが手掛ける新作ドラマで、ブリットが演じるのは公選弁護人のサンドラ役。分別があり驚くほどの知性を誇る彼女は、幼少時代に家族が悪事を働いていたことを理由に、法の道を志すようになった...という設定。

パイロット版では、同役にブリトニー・オールドフォード(『Hunters/ハンターズ』)がキャスティングされていたが降板し、ブリットが抜擢されたとのこと。『Girlboss』がシーズン1で打ち切られることが決定し、ブリットのスケジュールに空きが出来たことで、ヒットメーカーであるライムズの新作に出演することとなったようだ。

脚本を手掛ける『スキャンダル』のポール・ウィリアム・デイヴィスが、ライムズとドナルド・トッド(『サマンサ Who?』)、ベッツィ・ビアーズ(『グレアナ』)とともに製作総指揮も兼任。

新人弁護士&検事6人が仕事や恋愛、人間関係に悩みながら互いの正義を勝ち取る姿が描かれる『For the People』。ブリット以外のキャスティングやニュースが入り次第、随時お伝えしていきたいと思う。(海外ドラマNAVI)