「バイキング」のMCを務める坂上忍

写真拡大

 俳優の坂上忍(50)がMCを務めるフジテレビの昼の情報番組「バイキング」(月〜金曜前11・55)の7月の月間平均視聴率が5・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。今年5月の4・9%を1・0ポイント上回り、番組歴代最高をマークしたことが31日、分かった。

 月間平均視聴率の同時間帯(前11・55〜後1・45)横並びは3位になり、番組史上初の快挙。

 7月6日には自己最高の8・0%を記録し、横並びトップ。7月第1週(3〜7日)の週間平均視聴率も番組歴代最高の6・5%をマークし、番組初の週平均横並び2位。1日、週間、月間と立て続けに新記録を叩き出し“昼の激戦区”に風穴をあけつつある。

 31年半続いた「笑っていいとも!」の後番組として2014年4月にスタート。健康・グルメ・レジャー情報を中心にした構成から、昨年4月に「生ホンネトークバラエティ」と銘打ち、生討論スタイルに舵を切った。坂上らの発言が頻繁にインターネットニュースになるなど、番組が定着してきた。

 日本の“お昼の顔”として親しまれた「いいとも」終了直後は2%台など苦しんだが、ここに至り、数字も好調。5年連続して横並び年間視聴率1位のTBS「ひるおび!・午後」(月〜金曜前11・55)を追い掛ける。